stamp on web

その切手、切手買取で高値がつくかもしれません

切手のなかには、コレクターの間でかなりの高額で取引されている「プレミア切手」というものが存在します。
様々な切手買取業者がありますので、2~3社をピックアップして査定依頼をし、そのなかから納得のいく価格を提示した業者を選ぶのがコツです。
では、どのような切手がより高く買い取ってもらえるのでしょうか。
大まかにわけて、普通切手・記念切手・特殊切手・中国切手の4種類があげられます。
明治時代に作られ始めた普通切手は、「手彫切手」とも呼ばれており、高度な技術を持つ職人が手彫りの版を用いて印刷していました。
そのため、まったく同じ版を作成することはほぼ不可能であり、コレクターの間ではアンティーク切手として珍重されています。
値段のつかないものもありますが、数万円から百万円を超えるものもみられます。
そして、国の行事の際に発行されたのが記念切手、シリーズとして発行されたものが特殊切手です。
記念切手は種類が多くピンキリで、特殊切手はシリーズが全てそろっているほうが高く買取されます。
最後に中国切手とは、その名の通り中国で発行された切手ですが、価値の高いものが多く数十万円を超えて買取されることも珍しくありません。
このように価値の高い切手も存在しますので、もしも古い切手を見つけたら、切手買取に挑戦してみてください。
あなたのご家庭にも、思わぬお宝が眠っているかもしれませんよ。